iPhone修理品のシリアルを調べる方法|整備済製品を確認する方法

修理品のiPhoneは新品?

ここで説明する修理品とは、Appleなどへ修理に出した際、本体交換となったiPhoneを指します。

Appleでは、破損が激しい場合や特定のパーツが破損している場合、パーツごとの修理ではなく、本体交換となるiPhoneですが、この交換品は新品なのでしょうか?

厳密には新品では無く、「整備済製品」や「交換用製品」と呼ばれる物です。

整備済製品」とは、Appleが回収したiPhoneを独自の基準に従って改修・点検・クリーニングなどを行い、新品と同等の状態に仕上げた物を指します。

交換用製品」とは、初期不良交換や修理交換の為に、製造されたiPhoneを指します。

どちらも新品と品質の差は無いと言われていますが、全くの新品というわけでもないので、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方の為に、新品整備済製品を判別する方法をご紹介していきます。

iPhone の新品 or 整備済製品を確認する方法

確認するには2通りの方法があります。

順番に解説していきます。

モデル番号から確認

iPhoneには機種ごとにモデル番号が割り振られており、この番号により新品整備済製品かを見分けることが出来ます。

確認方法は以下の通り

  1. 購入時についてくる外箱に記載されているモデル番号を確認する方法
  2. iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」から確認する方法

番号の頭につく文字によって判別することが出来ます。

M:新品
N:交換用製品
F:整備済製品
P:フレーム刻印された製品

シリアル番号から確認

モデル番号と同様にシリアル番号からも確認することが出来ます。

確認方法は以下の通り

  1. 購入時についてくる外箱に記載されているシリアル番号を確認する方法
  2. iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」から確認する方法

上記で確認したシリアル番号をこちらのサイトで入力します。

「Factory:」と表示されている部分が「Refurbished」なら整備済製品という事になります。

iPhone修理拒否されるケース

キャリアショップなどで購入したiPhoneでも、正規品とみなされず修理を拒否されるケースがあります。

iPhone修理拒否の判断基準

拒否される原因は以下の通り

  1. 非正規店で修理をしたことがあるiPhone
  2. 中古で購入したiPhone
  3. 譲渡してもらったiPhone
  4. ドコモの保証で交換したiPhone
  5. ソフトバンクで購入したiPhone

Appleで本体交換を行う際、非正規店で1度でも修理を行っていると、受付すらしてもらえません。

上記の理由から1~3は、非正規店で修理をしている可能性があり、修理拒否になるケースが多いです。

4~5は滅多にないようですが、修理受付スタッフが正規品かを確認する際に、判断ミスで非正規品とみなされて受付不可になることがあるようです。

全てはAppleの修理ガイドラインに従って判断されるそうなので、上記以外でも修理受付不可になる事もあるので、注意して下さい。

iPhone修理拒否された場合は非正規で修理に出す

先述のように、修理を拒否された時は、非正規店へ持ち込みましょう。

正規店で拒否された場合でも、非正規店なら対応してくれます。

非正規店というと聞こえが悪い感じがしますが、正規店と比べて「修理料金が安い」「修理時間が短い」「データが消えない」「店舗数が多い」など様々なメリットがあります。

最新情報をチェックしよう!