iPhone修理に出すとデータを見られる心配は?徹底解説します!

今回は、修理時にデータを見られることがあるのか?を見ていきます。

iPhoneはプライバシーの塊なので、気になる方も多いはず。

修理するのに操作は必要?

そもそも、修理屋が操作しなければデータを見られることも無く、プライバシーも守られますよね。

結論から言うと操作しなくても修理は可能ですが修理後の動作確認で操作が必要になります。

結局どういう事?とお思いの方も、少なくないと思いますので、順番に解説していきます。

受付から修理まで

修理に出す際は、店舗に持ち込み受付時に、詳しい破損状態を伝え修理に入ります。

その際に、画面ロック解除のパスワードを聞かれますが、こちらは後ほど解説します。

画面割れの場合、操作をして破損状態を伝えることもありますが、タッチパネルが反応するしない程度の簡単な操作で状態は伝わるので、iPhone内のデータを見られることは、ほぼありません。

実際に修理が行われる際も、iPhoneの電源を落として作業を行っていくので、この段階でもデータを見られることは、ほとんどありません。

修理後から受け取りまで

修理後には必ず動作確認を行うのですが、この際iPhoneを操作する必要が出てきます。

動作確認とは交換したパーツが問題なく動作しているか、またはその他のパーツに異常が無いかを検証していく作業の事で、修理後には必須の工程です。

・タッチパネルが動くか
・充電が出来るか
・各ボタンが動くか
・カメラが動くか
・通話が出来るか
・ネットに繋がっているか
・スピーカー音が聞こえるか
・etc…

この様に、1つ1つ動作するかを見ていきます。

言葉が悪いですが、データを見られるとすればこのタイミングです。

多くの方は、ロック画面の解除にパスワードを設定しているので、データを閲覧するには、パスワードが必要になり先述の通り、受付時に伝えて置く必要があります。

そうして動作確認が終わり、特に問題が無ければその場で、iPhoneを受け取り修理完了となります。

パスワードは必ず伝える必要があるの?

動作確認の際に必要となるパスワードですが、必ずしも伝える必要はありません

動作確認は修理後の受取時に、修理店スタッフと一緒に行うことも出来るので、預けている間にデータを見られるのが心配な方は、受付の際に相談してみましょう。

その場合、受け取りまでの時間が、長くなってしまうというデメリットがあります。

動作確認にも抵抗がある方は、同じく受付時に相談すれば、修理後、動作確認無しで受け取ることも出来るでしょう。

ただし動作確認無しで受け取る際は、持ち帰ってから不良が出ても、対応してもらえない可能性があります。

動作確認を行うことで、不良が無いことを店舗側は証明するのですが、それが出来ないとなると致し方ないという事です。

どの修理店でも同じ対応なのか

ここまで説明してきましたが、依頼する修理店によって対応は変わってきます。

それぞれの店舗の違いを見ていきましょう。

AppleStoreなど場合

Apple正規店での修理の場合は、基本的に対応してくれないと思って、修理依頼をしましょう。

Appleでの修理は、受付時にデータが消えることへの同意を求められます。

データを見られる見られないの前に、データが消えてしまう可能性があるのです。

どうしてもAppleで修理がしたくてデータも見られたくない場合は、事前にiTunesやiCloudでバックアップを取り、iPhoneを初期化してから持ち込みましょう。

キャリアショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)の場合

こちらもAppleでの修理と同様に基本的には対応してくれず、同じくデータが消えてしまいます。

修理に出す際は、同じ様にバックアップを取りましょう。

街の修理店の場合

街の修理店、いわゆる非正規店で修理を行う場合は、今回紹介している対応を行ってくれる店舗が多いです。

Appleやキャリアと違いデータはそのまま残り、ケースバイケースで柔軟に対応してくれます。

ただし店舗によっては、興味本位や悪意を持って、データを覗く店舗もあると聞くので注意が必要です。

問い合わせ時の対応やネットの口コミなどを活用して店舗選びを行いましょう。

まとめ

そもそも論として、修理時にデータを覗き見る悪質な修理店は、殆どありません。

殆どありませんが、全く無いわけでもありません。

信頼できる修理店を見つける」または「今回紹介した対処法を行う」この2点が大事になってきます。

最終的にデータを守るのは、ご自身の判断になりますので、今回紹介した内容を役立てていただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!