iPhoneの修理1年保証の中身や内容はどんなものなの?|調査結果を完全公開

iPhoneは購入時から1年間はAppleのメーカー保証がついている

iPhoneに限らずApple製品には、「AppleCare」という1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償電話サポートが受けられる、いわゆるメーカー保証が付属します。

この保証は基本的に無料で受けられるサービスですが、使用には様々な条件があります。

その条件については後述します。

一年保証を延長するAppleCare+

上記で説明した「AppleCare」の保証範囲を広げられる「AppleCare+」という保証が存在します。

「AppleCare+」では、保証が2年間に延長され、ほぼ全ての修理サービスを受けることが出来ます。

ただし加入には、料金が掛かります。(機種別で12,800 円~)

修理時にも破損度合いによりサービス料が別途掛かります。(機種別で3,400 円~)

保証の対象は?

AppleCareの場合

通常使用による自然故障の場合、無償で修理を受けることが出来ます。

過失による破損(落としたり水没させたり)は、保証対象外で高額修理になります。

AppleCare+の場合

AppleCareと同じく、通常使用中による自然故障の場合、無償で修理を受けることが出来ます。

過失による破損の場合も修理料金は掛かりますが、安価に修理することが出来ます。

バックアップは必須

AppleCareまたはAppleCare+どちらを利用する場合でも、事前にバックアップを取っておくことをおすすめします。

Apple正規店で修理を行う際、修理内容によってはデータが消えてしまう事があります。

どんな故障が保証対象?

先述の通り、通常使用による自然故障の場合のみ保証対象になります。

落としたり、水没させたりした場合は、過失とみなされ保証対象外となり、有償修理になります。

バッテリーの故障は対象になる場合もある

画面割れなどが起きてる場合でも、バッテリーは無償交換できることもあるようです。

勿論は破損状況により対応は異なるようなので、詳しくはApple正規店へ問い合わせてみましょう。

保証期間を確かめる方法

こちらのページから保証期間を確認することが出来ます。

シリアル番号の入力を求められるので、iPhoneホーム画面の「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」から確認しておきましょう

IMEIがシリアル番号なので、確認後上記のサイトに入力していきましょう。

保証外だったら一般修理店という手もある

Apple正規店での修理は保証外の場合、修理料金が高額になります。

そんな時は、一般修理店へ持ち込むのがおすすめです。

比較的安価に修理が可能で、待ち時間も短くデータは消えずに残ります

保証未加入の場合、正規店へ持ち込むよりもメリットが多いので、状況に応じて一般修理店も有効に利用しましょう。

最新情報をチェックしよう!