iPhone修理|データ復元をする方法・してもらう方法

バックアップを取ってないけど復元できる?

iPhoneの状態によります。

パーツ破損の場合は、データを取り出すことが可能な場合が多いですが、ソフトウェア系の異常が起きている場合は、データを取り出すことが難しいです。

壊れたiPhoneからデータを取り出す方法

画面割れで、iPhoneの操作ができない場合は、1度パネルを交換して操作できる状態にする必要があります。

正規店では、修理の際にデータが消えてしまう事があるので、データを残したい場合は、非正規店(街の修理店)に修理を依頼するのをおすすめします。

再起動を繰り返したり、電源が入らない場合は状況により取り出せるか取り出せないかが変わってくるので、まずは修理店に持ち込みましょう。

基本的にデータを残したい場合は、非正規店へ持ち込むのがおすすめです。

iCloudバックアップをしていない場合、自分でデータを復元する事は出来る?

iPhoneが操作できる状態であれば、iTunesを使用してデータの復元を行える場合があります。

ただしPCが必要になるので、PCをお持ちでない場合は、修理店へ相談するのが良いでしょう。

正規代理店での修理はデータを消去される

修理内容によりますが、正規店の修理はデータが消える場合があります。

どうしてもデータを残したい場合は、1度非正規店へ相談しましょう。

データ復旧サービスしている店舗に依頼

非正規店の店舗によっては、データを取り出すのが難しい状態でも、特別な技術でデータを取り出すサービスを行っている場合があります。

費用は比較的高めですが、データを残したい場合はサービスを行っている店舗に相談してみて下さい。

そうならない前にバックアップをしておく

↑にバックアップ方法をまとめているので、ぜひご覧ください。

iTunes・iCloudを使用せずにバックアップ

サードパーティ製のバックアップソフトもたくさんあります。

iTunesやiCloudにはない便利な機能が使える物もありますが、中にはPCに悪影響を及ぼすソフトもあるので、出来る限りApple純正のソフトを使うのがおすすめです。

iPhoneやiPadに復元

iTunesのバックアップを復元

  1. iTunesを起動させましょう。
  2. iPhoneとPCをケーブルで接続します。
  3. iPhoneを操作し「信頼」を選択。
  4. バックアップ欄の「バックアップを復元」を選択
  5. 復元したいバックアップファイルを選択
  6. 復元が始まるので、終了まで待ちましょう。

iCloudのバックアップを復元

  1. iPhoneのホーム画面にある設定を選択
  2. 画面上部にある名前の部分を選択
  3. iCloudを選択
  4. iCloudバックアップを選択
  5. 最新のバックアップを選択
  6. 復元が始まるので、終了まで待ちましょう。

以上がバックアップ・復元の方法です。

最新情報をチェックしよう!