iPhone修理は交換品になる?|AppleCare修理対応のiPhone本体は新品では無い

Apple Careで交換されるiPhoneは新品ではなく修理対応用新品同様品

Apple正規店での修理は破損状況により、修理本体交換かが決まります。

修理の場合は、壊れたパーツごとに修理を行います。

本体交換はその名の通り、修理ではなく交換になります。

交換で受け取るiPhoneは新品同様で「リフレッシュ品」と呼ばれています。

リフレッシュ品は新品と何が違うの?

違いは意外とシンプルです。

箱や付属品すべて揃っている状態が新品。

本体のみで付属品が無い状態が、リフレッシュ品になります。

リフレッシュ品は新品ではありませんが、品質的には新品とほとんど変わりません。

リフレッシュ品には、整備済製品も含まれる

リフレッシュ品には、中古のiPhoneから取り外したパーツを、整備して使用している物や初期不良交換用に製造されたものの2種類があります。

この2種は、機能や性能に違いがあるわけではないので、新品と同じ様に使用できます。

完全に新品というわけでは無いので、気になる方は新品を購入するのが良いでしょう。

修理対応用新品同様品は、モデル番号で識別できる

iPhoneのモデル番号の最初の英字を確認することで、自分が今どのiPhoneを使っているのか確認が出来ます。

M

キャリアショップやApple正規店で販売されているiPhone

N

保証を使用した際の、本体交換用に作られたiPhone

F

中古のiPhoneを整備し新品同様にしたもの

P

フレーム刻印サービスを利用したiPhone

iPhoneの販売用新品や交換用製品、整備済製品の確認方法

  1. iPhoneの「設定」を選択
  2. 「一般」を選択
  3. 「情報」を選択
  4. 中央辺りまでスクロールさせ「モデル」という項目で確認出来ます。

上記で説明した英字と、モデル番号の英字を照らし合わせることで、自分が使っているiPhoneがどの状態の製品なのかを、かんたんに確認することが出来ます。

iPhoneの修理でその他の問題は何?

・修理に時間が掛かる。(最低1時間)
・AppleCare+ for iPhone等の保証に、未加入または期限切れの場合料金が高額になる。
・正規店の店舗数が少ない為地域によっては持ち込みができない。
・データが消える可能性がある。

正規店での修理する場合の問題点は、上記のとおりです。

しっかりとしたサービスを受けられる反面、人によっては大きなデメリットもあります。

そんな方には一般修理店をおすすめします。

一般修理店(非正規)で直す手段もある

・修理時間が短い。(最短15分)
・修理料金が安い。
・店舗数が多い。
・基本的にデータは消えない。
・自分で修理をして壊した際に持ち込める

正規店のデメリットが、一般修理店ではメリットになります。

保証の有無や修理料金などを比較して、自分に一番いい条件で修理を行いましょう。

最新情報をチェックしよう!