iPhoneの修理代は高い?|なんとかお得に済ませる方法

iPhoneの修理代について

一口にiPhoneの修理と言っても機種やAppleCare+の有無により修理費は異なります。

各機種の修理代を見ていく前に、AppleCare+に加入する際に掛かる費用について説明しておきます。

AppleCare+は2年間のみ有効で、保証料金として14,800円(一括・分割)を支払う必要があります。

そして2年間で保証を受けられるのは、2回のみです。

上記の事を踏まえてAppleで修理を行った際の修理費を機種ごとに見ていきましょう。

iPhoneXの修理代はいくら?

iPhoneX 正規店AppleCare+有り 正規店AppleCare+無し
画面修理 3,400円 31,800円
バッテリー交換 0円 7,800円
その他の修理 11,800円 62,400円

ご覧の通り保証の有無で、かなり料金に差がつくことが分かります。

新しい機種ほど保証に未加入の場合の負担額が大きくなる傾向があります。

他の機種も同じ様に見ていきましょう。

iPhone8の修理代はいくら?

iPhone8 正規店AppleCare+有り 正規店AppleCare+無し
画面修理 3,400円 16,800円
バッテリー交換 0円 5,400円
その他の修理 11,800円 39,800円

iPhoneXと比べるとAppleCare+無しでも安くなっていますが、それでもまだ割高感は拭えないですね。

そしてAppleCare+の保証料14,800円を踏まえて考えると?

iPhone6の修理代はいくら?

iPhone6 正規店AppleCare+有り 正規店AppleCare+無し
画面修理 3,400円 14,800円
バッテリー交換 0円 5,400円
その他の修理 11,800円 33,800円

iPhone6ですが、AppleCare+の保証期間(2年)が切れていると思われるので、修理の際はAppleCare+無しの料金になります。

もし保証に加入していたけど修理せず期限が切れてしまった場合、14,800円分損していることになります。

もしものための保証ですが、期限と使用回数に期限がある為必ずしもお得とは限りません。

正規店だと高い理由

ご紹介したように機種や症状により料金は大きく変わります。

画面割れやバッテリー交換はパーツごとに修理交換していくので比較的安いのですが、その他の修理(水没やカメラ故障、基盤破損等)は本体交換になりその分高くなります。

そしてAppleCare+に加入していれば修理代が安くなりお得と思われがちですが、加入時に保証料を払い修理時にも修理料金を払う必要があり、この部分が正規店は高いと言われる部分です。

非正規店という手もある

もし保証に未加入だったり加入していたが期限が切れてしまった場合は、街の修理店がおすすめです。

街の修理店で修理をするとAppleやキャリアで修理を受ける事が出来なくなりますが、上記のように保証に未加入・期限切れの際は、街の修理店の方が安く修理でき、また壊れたとしても再度持ち込めばいいのでデメリットにはなりません。

「どうしても正規店で修理をしたい!!」という方以外は、おすすめできる修理方法です。

最新情報をチェックしよう!