iPhone画面修理は激安店で大丈夫?パネル交換の保証は?徹底調査!

iPhone画面修理する方法は3つ

iPhoneが壊れた時に修理する方法をご紹介します。

Appleのメーカー修理に出す

正規店で修理を行う方法です。

正規店でしっかりとしたサービスを受けたい場合は、メーカー修理をおすすめします。

ただし正規店にもデメリットがあります。

問題点①データが初期化される

データが残ったまま修理が行われることもありますが、修理時にデータが消える可能性について同意を求められます。

パーツごとの修理が不可で、本体交換になった場合は必ずデータは消えてしまします。

事前にiTunesやiCloudを使いバックアップを取らなくてはいけまん。

問題点②修理に時間がかかる

正規店は常に混み合っており、最低でも1時間、場合によっては何時間も待つことがあります。

飛び込み来店でも修理をすることは出来ますが、最悪の場合その日に修理できないこともあるので、ネットから事前予約をすることをオススメします。

スマホの修理業者に出す

街の修理店(非正規店)で修理を行う方法です。

出来るだけ安く、早く修理を済ませたい方におすすめです。

ですが、非正規店なのでデメリットもあります。

問題点①正規品ではない

非正規店で修理に使用しているパーツは、純正品に限りなく近い物もありますが、基本的には全てコピー品です。

純正品を使って修理をしてほしい場合は、正規店一択になります。

ただしコピー品といっても、純正品と変わらない品質の物もありますので、気になる方は事前に修理店にどんなパーツを使っているのか確認してみましょう。

問題点②業者によって部品の良し悪しがある

正規店の様に定められた技術ラインが無いので、店舗によっては技術不足で、いざ修理に出した時に、壊れていなかったパーツまで壊されてしまうといった事も起きる可能性があります。

その逆で、正規店スタッフよりもiPhoneに詳しい非正規店もあるので、ネットのレビューなどを見て店舗選びを行いましょう。

自分で交換修理する

自分で修理を行うのが1番安く済むのは、間違いありませんが、アマゾン等で売られているiPhone修理パーツは品質にバラつきがあり、不良が出ることも少なくありません。

パーツに問題が無くても、知識が無い状態でiPhoneを修理するのは危険が伴います。

自己責任で修理を行いましょう。

注意しておきたい!iPhone画面修理に必要なパネルのランクについて

先程少し触れましたが、パネルにはランクがあります。

純正パネル

その名の通りiPhoneに元々装着されているパネルです。

品質は勿論抜群で、パネルの中では最高ランクの品質です。

純正に近い互換性パネル

業界では再生パネルと呼ばれる物です。

再生パネルとは、割れてしまった純正パネルの液晶部分を取り外し、そこに新しいガラス(コピー品)を取り付けた物の事です。

画面の映りは純正とほとんど変わりませんが、ガラス(コピー品)の品質により、割れやすかったり感度が悪くなっている事もあります。

品質は純正に近いランクになります。

完全に偽物の安物ガラス

ガラス・液晶ともにコピーで出来たパネルです。

価格によって品質に雲泥の差があります。

高価格の物は、映りや感度も純正に近く通常仕様ではほとんど気になりません。

低価格の物は、液晶が青みがかっていたり、感度が悪かったりと使用に問題があるものが多いです。

そもそもiPhoneを落としても割れないようにすることはできるのか??

↑の記事に詳しく紹介しています。

オススメは非正規で保証があるところ

非正規店で修理を行う際は、保証があるかを確認しましょう。

保証期間が長ければ長いほど、使っているパーツに自信があるという事になります。

非正規店は修理料金も安く最短15分ほどで修理可能なので、1度検討してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!