iPhoneの修理を非正規修理店に依頼する場合の保証は?

iPhoneを修理に出すときは3つの選択肢がある

iPhoneの修理を一般修理店(非正規)へ依頼した場合、保証等はどうなるのか?を今回は解説していきます。

本題の前に、まずはiPhoneの修理方法別のメリットデメリットを紹介します。

Apple正規店へ修理依頼

AppleStoreや正規サービスプロバイダ、キャリア等の正規店で修理をした場合はどうでしょうか?

Apple正規店へ依頼するメリット

・純正パーツを使用した修理を受けることが出来る。
・AppleCare+ for iPhone等の保証を使用して修理を受ける事が出来る。
・破損状況によって本体交換をしてくれる。
・持ち込み以外にも配送修理サービスもある。

最大のメリットはやはり正規店でしか出来ない、純正パーツを使った修理ですね。

何だかんだで正規店で、修理をすれば間違いないという感じです。

以上が正規店のメリットです。

「絶対に純正パーツを使った修理が良い!!」という方は、正規店一択です。

次はデメリットを見ていきましょう。

Apple正規店へ依頼するデメリット

・修理に時間が掛かる。(最低1時間)
・AppleCare+ for iPhone等の保証に、未加入または期限切れの場合料金が高額になる。
・正規店の店舗数が少ない為地域によっては持ち込みができない。
・データが消える可能性がある。

デメリットとして保証未加入時の修理料金はかなり高額になります。

↓の記事に保証未加入時の料金をまとめていますので、ぜひご覧ください。

データのバックアップが取れる環境があれば問題ありませんが、そうでない場合には正規店以外の修理方法を考えたほうが良いかもしれません。

破損状況によりますが、本体交換になった場合はデータが消えてしまします。

↓の記事にバックアップ方法をまとめていますので、ぜひご覧下さい。

以上が正規店のデメリットです。

当てはまる方には、致命的なデメリットかもしれまん。

では他の修理方法も見ていきましょう。

自分で修理する

難易度は高いですが、料金面で見ると1番安く済むかもしれません。

問題なく修理が出来れば…ですが。

自分で修理するメリット

・料金が安く済む

唯一にして最大のメリットが料金です。

例えばiPhone8を正規店で修理した場合の料金は↓の通りです。

iPhone8 AppleCare+ for iPhone有り AppleCare+ for iPhone無し
画面割れ修理 3,400 円 16,800 円

AppleCare+ for iPhone有りの場合は、安く見えますが保証料(Appleで加入した場合は14,800円)を支払っているので、実質負担は2万円近くになります。

一方自分で修理した場合の料金は↓

アマゾンで販売されているパネルで価格は3,409円(2019年1月現在)なので、かなり安く済むのが分かりますね。

もし自分で修理してみたいという方は↓の記事から挑戦してみてください。
参照:誠意準備中

次は、デメリットです。

自分で修理するデメリット

・状況が悪化する可能性がある。
・Apple正規店で修理やサービスを受けることが出来なくなる。
・コピーパーツを使った修理になる。
・結局修理店に持っていくことになり、お金が掛かる。

自分で修理をする事に関しては、デメリットがとても多くなります。

特に修理中に別の箇所を破損させてしまうと、結果的に修理店に持ち込むことになるので無駄にお金が掛かってしまいます。

成功すれば安く済みますが、失敗すると…

「自分なら出来る!!」という方は↑で紹介した記事から挑戦してみてください。

そして重要なのは、正規店以外で修理をすると保証を受けたりサービスを受けることが出来なくなるという事です。

「それは困る」という方は、正規店を選択しましょう。

最後に非正規店のメリット、デメリットです。

一般の修理店(非正規店)へ修理依頼

街の修理屋さんと呼ばれるいわゆる非正規店です。

一般修理店へ修理依頼するメリット

・修理時間が短い。(最短15分)
・修理料金が安い。
・店舗数が多い。
・基本的にデータは消えない。
・自分で修理をして壊した際に持ち込める

正規店のデメリットが、一般修理店ではメリットになります。

↑で紹介した「自分で修理する」で失敗した際は、正規店に持ち込むことは出来ないので、一般修理店へ依頼しましょう。

次はデメリットです。

一般修理店へ修理依頼するデメリット

・Apple正規店で修理やサービスを受けることが出来なくなる。
・店舗により技術に差がある。
・コピーパーツを使った修理になる。
・AppleCare+ for iPhone等の保証を使って修理をする事が出来ない。

一般修理店は、技術が不十分な状態で修理をしている店舗があります。

ネットのレビュー等を確認して店選びをしましょう。

そして「自分で修理をする」と同じで、修理に使用するパーツは基本的にコピー品になります。

コピー品といっても、高品質なものであれば純正と比べても見劣りしませんが、低品質なものになると動作が不安定だったり色味がおかしかったりと、問題だらけなので、こちらもネットのレビュー等で事前に確認しておくのがおすすめです。

以上がデメリットです。

一般修理店(非正規店)は利用してもいいのか?

結論から言うと、「正規店」にこだわりがなければOKです。

↑で紹介したように、一般修理店へ持ち込む際の最大のデメリットは、「正規店でサービスが受けられなくなる」という点です。

この部分がクリア出来れば、どんどん利用して大丈夫です。

仮に修理後に再度壊してしまっても、同じ修理店へ持ち込めば問題ありません。

次は一般修理店のアフターサービスや保証を見ていきましょう。

一般修理店(非正規店)のアフターサービスや補償をよく見るのが重要

一般修理店では、修理箇所に保証を付けている店舗が多くあります。

修理を依頼する際は、この保証の内容をよく確認しましょう。

保証期間が長ければ、使っているパーツにそれだけの自信があるという事なので、なるべく保証期間が長い店を選ぶのがおすすめです。

そしてアフターサービスも重要です。

修理後に、修理した箇所以外に異常が出てきた際に、しっかり対応してくれる店舗選びが大切になります。

店舗によっては、

自分「以前そちらで画面を修理してからカメラの調子が悪いんですが」
修理店「カメラの修理が必要ですね、10,000円になります」

とすぐに料金を言ってくるような店舗もありますが、この様な店舗は以後使用しないほうが懸命です。

自分「以前そちらで画面を修理してからカメラの調子が悪いんですが」
修理店「詳しい症状を聞かせてください」
自分「カメラが時々起動しません」
修理店「画面を割った際にカメラも同時に壊れてしまった可能性、または取り付けたパネルが原因の可能性、もしくは修理時にカメラを破損させてしまった可能性が考えられるので、お手数ですが1度実機を確認させて下さい」

この様にしっかりと症状の原因を提示してくれる店舗は信頼できます。

ですが修理に持ち込む前に、「この修理店は信頼できるか」を判断するのは難しいです。

電話で問い合わせた時の話し方や対応力、ネットのレビュー等で、事前にチェックしておくのが、店舗選びを失敗しないコツです。

という事で、今回紹介した事を参考にiPhone修理店を選んでみて下さい。

最新情報をチェックしよう!