iPhoneをパソコンなしでバックアップ・復元する方法|iCloudを使おう

  • 11月 22, 2019
  • 11月 26, 2019
  • iPhone

iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法について解説していきます。

バックアップはiPhoneのデータを保存する事

復元はバックアップしたデータをiPhoneに戻す事。

画像付きで分かりやすくしているので、ぜひ最後まで読んでみて見てください。

この記事を読むと

  • パソコンなしでiPhoneのバックアップが取れる
  • パソコンなしでバックアップを復元する事が出来る

iCloudを使ってiPhoneのデータをバックアップする

パソコンが無くてもiPhoneがあればバックアップを取ることが出来ます。

ただしバックアップにはWi-Fi環境が必要になるので注意してください。

それでは行きましょう。

設定をタップ

iPhoneホーム画面から「設定」をタップ

ユーザー名をタップ

ユーザー名」をタップ

iCloudをタップ

iCloud」をタップ

iCloudバックアップをタップ

下にスクロールして「iCloudバックアップ」をタップ

今すぐバックアップを作成をタップ

今すぐバックアップを作成」をタップ

iCloudバックアップ」をONにしておくと自動で一定のデータがバックアップされるのでONにしておくことをオススメします。

バックアップ終了まで待つ

バックアップ中は残り時間が表示されます。

バックアップ作成が完了すれば作業終了です。

次は復元方法を解説していきます。

iCloudを使ってiPhoneのデータを復元する方法

iCloudを使ってデータを復元する際は、iPhoneを初期化する必要があります。

新しく買ったiPhoneであればそのまま設定できます。

どちらの場合もWi-Fi環境が必要になるので注意しましょう

iPhone初期化方法については↓の記事をご覧ください。

参考:準備中

言語・キーボード設定

自分の使う言語・キーボードを設定しましょう。

Wi-Fi・位置情報サービス・パスコード設定

  1. 使用するWi-Fiを選択してパスワードを入力し右上の「次へ」をタップ。(パスワードはルーターの裏や底面に記載してあります。)
  2. 位置情報サービスを使用するかどうかの設定を行います。(基本的にはオンでOKです。)
  3. パスコードの設定を行います。(不要な方は「パスコードオプション」から使用しないを選択しましょう。)

Appとデータ・iCloudサインイン設定

  1. iCloudバックアップから復元」をタップ。
  2. Apple IDとパスワード」を入力し右上の「次へ」をタップ。
  3. 他のApple端末を使用している場合はその端末にコードが届くので入力します。
    届かない場合は「コードが届いていない場合」をタップすることで、ショートメールなどで受け取る事が出来ます。

利用規約・バックアップを選択・復元完了

  1. 利用規約を読み(ほとんどの人が読まないと思う)右下の「同意する」をタップ
  2. 復元したいバックアップファイルをタップします。(最新のバックアップを選択すれば間違いなし。)
  3. AppleIDのパスワードを入力し右上の「次へ」をタップ。

以上の工程が終わると復元が始まるので、終わるまで待ちましょう。

まとめ

お疲れ様でした(>_<)

バックアップを取っていればiPhoneに何かあっても安心です。

出来れば定期的にバックアップしておきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!