iPhoneで修理不可の場合があるのか?交換はしてもらえる?

iPhoneが修理できないケースって?

画面割れやバッテリー交換、水没など基本的にはパーツ交換で、治せるiPhoneですが修理不可になる場合もあります。

例えば車に轢かれての全損や復旧できない水没の場合は、修理が出来ない事があります。

改造されたiPhoneの場合

本体のパーツを自分で交換したり、ソフトウェアの改造(俗に言う脱獄)を行っている場合、正規店では修理を受けることが出来なくなります。

上記の行為は自己責任で行うようにしましょう。

Apple正規店と一般修理専門店との対応の違い

全損させた場合、正規店ではパーツ交換ではなく、本体交換で対応してくれる可能性があります。(保証に加入している場合のみ)

非正規店の場合、全パーツを交換することで、修理することが可能かもしれませんが、修理料金がかなり高額になるので、おすすめはできません。

最終的に修理不可能なら買い替えや交換修理にする

保証に加入していれば、本体交換をするのが1番安く済む方法です。

破損させた場合は、補償に加入しているか確認しましょう。

↑にiPhoneの保証内容をまとめています。
保証に入っているかの確認方法も掲載しているので、ぜひ確認してみてください。

保証に未加入の場合は、機種変更を検討するのもありです。

ただし機種変更の場合は、高くついてしまいます。

安く済ませたい方は、最新機種ではなく1世代前の機種を検討するのもおすすめです。

もしも以前使っていた古いiPhoneをお持ちであれば、simカードを差し替える事で、使用できる場合があります。

↑の記事にsimカードの差し替えについて書いているので、ぜひご覧ください。

実は新品iPhoneと交換できる「エクスプレス交換サービス」

保証に加入している前提になりますが、配送で新しいiPhoneが手元に届くサービスがあります。

近くにApple正規店がない場合、便利なサービスです。

↑にエクスプレス交換サービスについてまとめています。
ぜひご覧ください。

新品のiPhoneはいくらで交換できるの?

使用しているiPhoneの機種により、交換料金は変わってきます。

こちらのページからご自身の機種の交換料金を確認してみましょう。

症状により修理か交換または機種変更と対処法は様々です。

ご自身の状況に応じて、ご紹介した方法を試してみて下さい。

最新情報をチェックしよう!