ドコモで購入したiPhoneのSIMロック解除方法|手順を分かりやすく解説

  • 11月 20, 2019
  • 11月 20, 2019
  • iPhone

ドコモで購入したiPhoneのSIMロック解除方法について分かりやすく解説していきます。

画像付きでサクッと読めるのでぜひご一読下さい。

この記事を読むと

  • SIMロック解除が出来る
  • 他社のSIMで通話・通信が出来るようになる
購入時期によって解除手続きが異なります。
今回は「2015年5月以降に発売された機種の手続き」について解説していきます。

SIMロック解除に必要な条件

条件は知ってるから早く解除手順を教えてという方はここを読み飛ばしてください。

SIMロック解除を行うには一定の条件を満たしていないといけません。

それは以下の通りです。

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックが掛かっていない事
  • 購入から100日以上経過している事(機種代金を全額支払い済みの場合この条件は免除)

ネットワーク利用制限は、機種の料金を延滞していると掛かる制限の事です。

支払いを滞らせていなければ心配ありません。

おまかせロックはおサイフケータイの機能をロックするサービスです。

こちらも申し込みを行っていなければ問題ないでしょう。

なので基本的には購入から100日経過しているか、機種代金を支払い済みであればSIMロック解除の手続きが可能です。

SIMロック解除手続き方法一覧

手続きには3つの方法があります。

  • インターネットで手続き(事務手数料0円)
  • 電話で手続き(事務手数料3,000円)
  • ドコモショップで手続き(事務手数料3,000円)
なんとインターネットから手続きすれば無料になります。
となると申し込みはインターネット一択ですね。
申し込み方法も難しくないので安心してください。
それでは実際に手続き方法を見ていきましょう。

SIMロック解除申し込み(インターネット)

My docomoにアクセス

メニューを選択

まずはMy docomoにアクセスします。

参考:My docomoアクセスページ

赤枠の「メニュー」を開きます。

メニューを開き少し下にある「サービス一覧」を開きます。

サービス一覧を開くとこれでもかという量の項目があります。

スクロールしていくと「SIMロック解除」の項目があるので、これを開きます。

dアカウントにログイン

続いてdアカウントへのログインを行います。
ログインが完了すると2段階認証を求められるので、画面の指示に従い進めていきます。
セキュリティコードは契約している電話番号にショートメールで送られてきます。
コードを入力しログインします。

必要情報入力

「SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)」を入力します。

IMEI?なにそれ?という方は↓に確認方法を載せてあるので確認してみてください。

IMEIの入力が終わったら、「SIMロック解除を申し込む」にチェックを入れます。

さらにその下の「SIMロック解除の注意事項」を開くと別タブでページが開くので、読み進め「閉じる」を選択します。

すると「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れられる様になるので、チェックを入れます。

最下部にある「次へ」を選択します。

製造番号(IMEI)確認方法

IMEIはiPhoneの「設定」→「一般」→「情報」から確認することが出来ます。
IMEIの部分を長押しするとコピーすることが出来ます。

申し込み内容確認

内容の確認画面が表示されます。

間違いが無ければ「手続きを完了する」を選択します。

申し込み完了

この画面になれば申し込み完了です。

ただしこれで終わりではありません(>_<)

もうひと踏ん張り頑張りましょう。

申し込み完了後の手続きは2通り

  • iPhoneを初期化してSIMロックを解除する方法
  • SIMカードを差し替えてSIMロックを解除する方法

どちらの方法も簡単に出来るのでお好みの方法でどうぞ。

iPhoneを初期化してSIMロックを解除する方法

iPhoneのデータバックアップ(保存)を取り、初期化を行う事でSIMロックを解除する方法です。

iTunes(PCを使う)・iCloud(iPhoneを使う)どちらの方法でも実行可能です。

データはそのまま残るので安心してください。

詳しいやり方については↓の記事をご覧ください。

SIMカードを差し替えてSIMロックを解除する方法」

この方法は今使っている通信キャリアとは別のSIMが必要になるので注意してください。

iPhoneの側面にSIMトレイがあるので取り出しましょう。

側面に小さな穴がありそこにSIMピンを差し込む事でSIMトレイが出てきます。

SIMが手元に無い場合はクリップなどの先が細い物で代用できます。

新しいSIMをSIMトレイに載せて差し込めば完了です。

格安SIMで使用する場合はAPN設定が必要な場合があり

ebiさん
APNってなに~?
ざっくり説明すると「iPhoneが通信する為に必要な情報がぎっしり入っている情報」という感じです。
何とも分かりずらいですがとにかくこの設定をしないと通信できないという事です。
各社により配布している情報が違うので格安SIM会社のHPなどで確認しましょう。
〇〇〇(格安SIMの会社名) APN設定」などで検索をかけるとすぐに出てきます。
3大キャリア「ドコモ・au・Softbank」は設定しなくても通信可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

少しめんどくさい(もといめちゃめちゃ)ですが、手順通りに行う事で間違いなくSIMロック解除できます。

他の通信キャリアで使うのは勿論ですが、iPhoneをメルカリなどで売るときもSIMロック解除しておくことで値が上がります

しておいて損はないですね。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

最新情報をチェックしよう!