iPhone修理時に色の変更、交換は出来る?|正規・非正規それぞれ

実はiPhone正規店の修理は交換になる?

iPhoneの破損状態によりますが、正規店に修理を依頼すると、修理ではなく本体交換になる場合があります。

外装の損傷が激しい場合や、基盤破損の際は本体交換になる事が多いようです。

注意点として本体交換になった場合、データが消えてしまいます。

事前のバックアップが必須になるので、必ず行いましょう。

正規店で別の色への変更は可能?

結論から言うと、本体交換時にiPhoneの色を変更することは出来ません。

基本的には同モデルとの交換になります。

万が一可能性があるとすれば、古いモデルのiPhoneを修理・交換に出す際に、修理パーツまたは本体が、廃盤や在庫無しになっている場合です。

最新モデルとはいきませんが、在庫があるiPhoneと交換になれば色の指定が出来る可能性があります。

在庫がないほどの旧モデルを使っている方は、多くはないと思うので、確実性に欠ける方法ではあります。

確実に色を変えたい場合は、次の方法へ。

非正規店で別の色への変更は可能?

非正規店であれば、色の変更が可能になります。

正規店とは違い、パーツごとで好きな色に交換できるので、パネルは黒で背面は白というように、色の変更が可能です。

誰も持っていないようなiPhoneを使いたい人、または自分の好みの配色にしたい方は、非正規店に相談してみましょう。

修理店によって対応が異なる

ただし非正規店でも店舗により、色のカスタマイズに対応していない場合もあります。

そしてパーツを交換すると、正規店で保証やサービスを受ける事が、出来なくなります。

万が一iPhoneが壊れた際は、非正規店に持ち込めば問題はありませんが、気になる方は注意して下さい。

最新情報をチェックしよう!