iPhone修理はクレジットカード払いできる?|アップル・一般修理店の支払い方法の違い

今回はiPhone修理の支払いにクレジットカードは使えるのか?

またどの様な支払方法があるのかを解説していきます。

Appleでの修理とそれ以外では、支払方法が異なるので注意しましょう。

まずはAppleで修理した場合について見ていきましょう。

この記事を読むと

・iPhone修理でクレジットカードが使えるか分かる
・修理店別の支払い方法が分かる

AppleでiPhoneを修理した代金はクレジットカードで払えるのか?

ズバリiPhone修理の料金はクレジットカードで、支払う事が出来ます

使えるブランドは下記の通りです。

・VISA(ビザ)
・MasterCard(マスターカード)
・JCB(ジェーシービー)
・American Express(アメリカン・エクスプレス)
・Diners Club(ダイナースクラブ)

この様に日本で発行したクレジットカードであれば、ほとんどのブランドが使用できます。

しかし一口にAppleで修理するとは言っても、いくつかの方法があります。

次は、「修理方法によって違いはあるのか」を見ていきましょう。

修理方法別の支払い方法

 

Apple storeでの修理料金の支払い方法

Apple Storeで修理を行った場合は、以下の2通りから選択できます。

・現金
・クレジットカード

店頭で修理を行う際は、上記の方法で支払うことが出来ます。

ただしApple Storeが無い地域もあるので、その場合は後述する他の方法を選択しましょう。

Apple Storeで修理を行う際は、↓の記事をぜひご覧ください。

iPhoneを配送修理に出した場合の支払い方法

配送で修理を行った場合は、以下の2通りから選択できます。

・代金引換
・クレジットカード

配送修理は、Apple storeまたは後述の正規サービスプロバイダが近くに無い場合に選択する修理方法です。

自宅に居ながら修理依頼をする事が出来ますが、修理完了まで時間が掛かるのがネックです。

配送修理は事前に決済方法を選択できますが、選択後の変更は出来ないので注意が必要です。

配送で修理を行う方法や注意点は↓の記事をぜひご覧ください。

Apple正規サービスプロバイダを利用した場合の支払い方法

正規サービスプロバイダで修理を行った場合は、以下の2通りから選択できます。

・現金
・クレジットカード

Apple正規サービスプロバイダとは、Appleの認可を受けて修理を行っている修理店の事です。

Apple Storeと同等の修理を受ける事ができ、支払い方法はApple Storeと同じです。

正規サービスプロバイダで修理を行う際は、↓の記事をぜひご覧ください。

一般修理店(非正規店)の場合

一般修理店で修理を行った場合は、以下の方法から選択できます。

・現金
・クレジットカード
・銀行振込
・電子マネー
・etc…

一般修理店とは上記で紹介した3つの修理方法とは異なり、Appleの認可を受けていない修理店の事です。

認可を受けていなくても、技術が確かであれば正規店と同等の修理を受ける事が出来ます。(修理に使用するパーツには明確な違いがあります)

ただし一般修理店で1度でも修理を行うと、Applecareなどの補償が効かなくなるので注意が必要です。

店舗によって支払い方法が異なるので、事前にどんな支払い方法が、あるか確認してから持ち込むのがオススメです。

一般修理店で修理を行う際は、↓の記事をぜひご覧ください。

Apple Storeと修理専門店の違い

Apple Store・正規サービスプロバイダの場合

・純正パーツを使った修理が受けられる。
・保証を使って修理が受けられる。
・破損度合いにより本体交換になる場合がある。
・本体交換の場合データが消える(バックアップを取っていれば問題ない)

正規店での一番のメリットは、なんと言っても純正品を使った修理です。

破損度合いによっては、本体交換となり外装も新品同様になるので、丸ごとキレイにしたい場合や絶対に純正パーツを使った修理が良い!!という方は、正規店一択です。

ただし補償に加入していない場合は、高額修理になるので注意が必要です。

一般修理店の場合

・基本的にコピー品を使った修理。
・保証(AppleCare+)を使う事が出来ない。
・破損箇所別に修理をしてくれるので、料金が安く済みやすい。
・データが消えない(修理内容により例外有り)

正規店とは異なり、基本的にはコピー品を使った修理になります。

コピー品?なにそれ?という方は下記の記事をご覧ください。

純正パーツじゃなくていい、とにかく安く早く直したい方は一般修理店をオススメします。

まとめ

どこで修理をする場合もレジットカードでの支払いが可能です。

支払方法の幅は、一般修理店の方が大きいといった感じですね。

オススメは還元率の高いクレジットカードや電子マネー決済などを利用する方法です。

ポイント分得することが出来るので、賢く使っていきましょう。

最新情報をチェックしよう!