iPhoneのカメラが壊れた時の原因と修理料金は?

iPhoneのカメラの故障はアプリと物理的な故障の二種類ある

カメラが故障する原因は様々ですが、多くの場合は以下の通りです。

・アプリ異常が原因の場合
・物理的な故障が原因の場合
・システム異常が原因の場合

心当たりがある方もいれば、よくわからない方もいらっしゃると思うので、それぞれの原因を順番に解説していきます。

アプリ異常の場合

カメラが起動しなかったり、フリーズしたりする時は、アプリにエラーが起きている事があります。

その際は、一度カメラアプリを終了させましょう。

iPhone8までの機種は、ホームボタンをすばやく2回押すと、動いているアプリ一覧表示されます。

終了させたいアプリを上にスワイプさせる事で、終了させることが出来ます。

iPhoneX以降の機種は、画面下部から上部に向けてスワイプして止めると動いているアプリ一覧が表示されます。

終了させたいアプリを上にスワイプさせる事で、終了させることが出来ます。

物理的な故障の場合

上記の方法で直らなかった場合は、カメラ本体の故障が疑われます。

落とした際の衝撃水濡れ劣化などが主な原因です。

最初は症状が軽くても、徐々に症状が悪化していくので、なるべく早く修理を行いましょう。

システム異常の場合

iOSのソフトウェアアップデートを行ってから、カメラに異常が出た場合システム異常が疑われます。

この場合、最新のソフトウェアが配信されるまで待つか、本体を初期化することによって改善する事があります。

参照記事内でも記載していますが、ソフトウェアアップデートや初期化を行う際は必ず、データのバックアップを行いましょう。

AppleStoreやアップル正規サービスプロバイダでの修理が基本

iPhoneが故障・破損した際は、正規店で修理をするのが基本です。

ただしAppleStoreを始めとした正規店は店舗数が少ないので、事前に自分の地域に店舗があるかこちらのページから確認しておきましょう。

当然の事ですが、正規店では純正品を使って修理を行ってくれるので、安心して修理に出すことが出来ます。

ただし保証に未加入の場合、修理料金が高額になるので、注意が必要です。

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダでの修理料金、保証

保証の有無はもちろん、破損状態や機種によって料金は異なります。

修理に出す前に修理料金や保証内容などを確認しておきましょう。

一般修理店ではAppleの保証はないが激安修理になる

一般修理店とは、いわゆる非正規店の事です。

Appleの保証を使った修理は出来ませんが、その分修理価格は安くなっています。

最短15分ほどで修理ができ、出張修理等を行っている店舗もあるので、忙しく時間が取れない方にはピッタリです。

iPhone修理店での修理料金、保証

一般修理店では、修理料金は店舗ごとに異なります。

各店のホームページ等で事前に確認しておきましょう。

料金だけでなく、修理後のサポートや保証期間等も確認しておく事も重要です。

ジャンクスマホも即日現金化が可能

修理の際、料金面で断念せざる負えないそんな時は、思い切って売ってしまうのがおすすめです。

iPhone修理店では、画面が割れていたり起動しない状態でも買取をしてくれます。

機種によっては、破損度合いがひどくても高額で売れることもあるので選択しの1つとして考えておきましょう。

最新情報をチェックしよう!