iPhone充電コードを修理する方法|実は自分で簡単に修理ができる

iPhoneの純正充電器が壊れた!と思ったときにチェックする事

充電器をさしてもバッテリーが増えない時は、充電器の故障かもしれません。

そんな時に故障かどうかを見分ける方法を紹介します。

完全放電(0%まで使用)した後でないか?

充電が0%の状態になると、充電器をさしても直ぐに使うことは出来ません。

バッテリーにある程度充電されるまでは、起動しないのでしばらく待ってみましょう。

充電元のコンセントは正常か?

これは極稀な状況ですが、コンセントや電源タップや延長コードが破損していることにより、充電が出来ない事があります。

一箇所のコンセントだけではなく複数のコンセントで使用できるか試してみましょう。

PC・車・新幹線で充電してはいないか?

コンセント以外から充電をする場合、電圧の関係で充電速度が遅い事があります。

出来ればコンセントまたはモバイルバッテリーなどを使用すると良いでしょう。

純正のアダプター+純正の充電ケーブルを使っているか?

iPhoneはAppleが認証していない充電器(ライトニングケーブル・アダプター)を使用した場合、本体が破損し充電が出来なくなる事があります。

100均の充電器や安すぎる充電器を使うのは控えましょう。

iPhone本体に問題が無いか?

落としたり、水に濡らしたりした際に、充電口またはバッテリーが破損することがあります。

そんな時は修理を依頼しましょう。

応急措置的で充電器を自分で修理する方法

コネクタ部分をキレイにする

ゴミやホコリが付着することによって接続不良が起こる事があるので、エアーダスターや綿棒を使って、充電口をきれいにしてみましょう。

実は無償交換してもらえる場合がある

保証を使うことで充電器の無償交換を受けることが出来ます。

iPhone純正の充電器やケーブルを無償交換するための条件と確認

iPhoneが製品保証期間内かどうか調べる

こちらのページから現在の保証状況を確認しましょう。
「修理および修理サービスの保証範囲」が有効であれば交換サービスを受ける事が出来ます。

充電器や充電ケーブルの状態を確認する

ケーブルの内部が見えていたり、断線している場合、交換サービスを受けることが出来ない場合があるので、注意しましょう。

iPhone純正の充電器や充電ケーブルの交換方法

Apple公式サイトから申し込み、郵送で交換品を受け取る

こちらのページから申し込みが出来ます。

iPhone→修理と物理的な損傷→ヘッドフォン、ケーブル、またはUSBアダプタの交換

↑の通り進んで行くと申込み画面になります。

電話で申し込み、郵送で交換品を受け取る

0120-277-535へ電話をし手続きをしましょう。

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込んで交換する

近くの正規店へ持ち込み修理が出来ます。

最新情報をチェックしよう!