iPhone修理|画面が暗い原因と対処法

iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になる時の原因と対処法一覧

様々な原因や対処方法が存在するので、順に紹介していきます。

まずは、原因から見ていきましょう。

iPhoneの画面が真っ暗になってしまう原因

多くの場合、以下の原因いずれかが当てはまり、画面が真っ暗になることが多いです。

ソフトウェアの問題

使用しているアプリとiPhoneの相性、iOSアップデート中のエラーなど様々な要因が重なることにより、起こる問題です。

突然症状が出ることが多く、注意していても避けられない場合がほとんどです。

ディスプレイケーブルの問題

iPhoneの液晶パネルは、本体の基盤に繋がっています。

この部分に強い衝撃が加わると、端子が外れたり、緩んだり、断線する事があります。

症状は、画面に線が出るまたは一部操作が出来なくなるなど、様々です。

最悪の場合は、画面が暗くなり操作不能になります。

ただケーブルが外れたりする事は、かなりレアなケースなので、割合としては少なめです。

バックライトの問題

iPhoneの基盤には、バックライトと呼ばれる部分があります。

バックライトが破損することにより、画面が真っ暗になる事があります。

こちらもディスプレイケーブル同様かなりレアなケースで、水没や修理作業中のミスによって、起こることが多い症状です。

落下による問題

この症状が、1番多い原因ではないでしょうか。

落下の衝撃により、液晶パネルもしくは、本体の何処かが破損すると、画面が真っ暗、電源が入らないという症状が起きます。

水濡れによる問題

本体内部に水が侵入することにより、液晶パネルを始めとした各パーツが破損します。

場合によっては、基盤がショートし、先述のバックライト破損などに繋がります。

万が一水没した際は、速やかに電源を落としましょう。

湾曲による問題

iPhoneのフレームは、意外と柔らかく、ポケットに入れたまま座ったり、荷物が多いカバンの中に入れたりすると、フレームに歪みが生じ、結果的に液晶パネルの破損または、基盤の破損に繋がります。

iPhoneの画面が真っ暗になった時の対処法

次は症状別の対処法を見ていきましょう。

強制再起動を行う

強制再起動とは、その名の通り電源を強制的に落とし、システムを再起動させる事です。

急にフリーズし動かなくなった時や、画面が真っ暗になり操作できなくなった際に有効です。

画面が真っ暗になったら、まずはこの方法を試してみましょう。

機種により操作が異なるので、注意して下さい。

iPhone8以降の機種の場合

①ボリュームアップボタンを押して、すぐに離す。
②ボリュームダウンボタンを押して、すぐに離す。
③サイドボタンを長押し。
④Appleのマークが表示されたらボタンを離す。

iPhone7、7Plusの場合

①スリープボタンとボリュームダウンボタンを、同時に長押し。
②Appleのマークが表示されたらボタンを離す。

iPhone6S以前の機種の場合

①スリープボタンとホームボタンを、同時に長押し。
②Appleのマークが表示されたらボタンを離す。

リカバリーモードで初期化

リカバリーモードとは、iOSのシステムにエラーが発生した際、システムを修復する為に使用するモードです。

この作業を行う際は、PCが必須になるので、注意しましょう。

iPhoneの破損状況により以下の作業を行うことで、データが消えてします恐れがありますので、自己責任で行いましょう。

こちらも機種により、操作が異なります。

データのバックアップが行える状態であれば↓の記事を参考に行いましょう。

 iPhone8以降の機種の場合

①ボリュームアップボタンを押して、すぐに離す。
②ボリュームダウンボタンを押して、すぐに離す。
③サイドボタンを長押し。
④iTunesのマークが表示されたらボタンを離す。
⑤PCを操作し「更新」を選択しアップデートする。
⑥もしエラーが出た場合は、「復元」(データ初期化になるので注意)を選択する。

iPhone7、7Plusの場合

①スリープボタンとボリュームダウンボタンを、同時に長押し。
②iTunesのマークが表示されたらボタンを離す。
③PCと接続し操作する。
⑤PCを操作し「更新」を選択しアップデートする。
⑥もしエラーが出た場合は、「復元」(データ初期化になるので注意)を選択する。

iPhone6S以前の機種の場合

①スリープボタンとホームボタンを、同時に長押し。
②iTunesのマークが表示されたらボタンを離す。
③PCと接続し操作する。
⑤PCを操作し「更新」を選択しアップデートする。
⑥もしエラーが出た場合は、「復元」(データ初期化になるので注意)を選択する。

「更新」はiOSをアップデートする作業。

「復元」は初期化後、iOSをアップデートする作業です。

「復元」を選択すると、データが確実に消えてしまうので、注意して下さい。

「更新」を行っている最中にエラーが出てしまった場合は、強制的に「復元」を選択しなければならない事もあります。

リカバリーを行う際は、上記のリスクを把握した上で行って下さい。

画面修理を行う

画面割れやケーブル断線、水没などが原因の場合は、該当箇所の修理を行うことで、症状が改善します。

Apple正規店やキャリアショップ(docomo・au・SoftBank)、街の修理店(非正規店)で修理を行うことが出来ます。

修理方法別に解説しているので、↓の記事をぜひご覧ください。

iPhoneの画面が真っ暗?電源が入らない?どっちなの

画面が真っ暗になった際に、確認していただきたいのが、「画面は暗いけど電源は入っている状態なのか」、「画面は暗く電源も入っていない状態なのか」です。

確認する方法は以下の通り

  1. 電話をかけて貰い、着信音やバイブレーションが作動するか、確認する
  2. 充電器を差し、音がなるか確認する。
  3. PCと接続し、PCがiPhoneを読みとているか、確認する。

着信時や充電時に音がなる場合または、PC上でiPhoneが認証されていれば電源は入っている状態です。

上記の様な場合は、液晶パネルが破損している可能性が高くなるので、修理をオススメします。

逆に音もせず認証もされない場合は、システム異常や基盤の破損が疑われます。

この場合まずは、強制再起動やリカバリーモードから初期化などを試してみましょう。

それでも改善しない場合は、修理依頼をしましょう。

まとめ

一口に画面が真っ暗になるといっても、様々な原因そして対処法が存在します。

もしも手に負えないと感じた際は、迷わず修理店へ依頼しましょう。

この記事が、少しでもお役に立てば幸いです。

最新情報をチェックしよう!