iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップ(保存)・復元する方法|パソコンで簡単に出来ます

iTunesを使ってiPhoneのバックアップ・復元をする方法について解説していきます。

バックアップとはiPhoneのデータを保存する事

復元とはバックアップしたデータをiPhoneに戻す事です

とても簡単に出来るので、ぜひ最後まで読んで見てくださいね。

この記事を読むと

・iPhoneのデータバックアップの取り方が分かる
・バックアップデータをiPhoneに復元する方法が分かる

iPhoneのデータをバックアップ・復元する方法

iTunesでバックアップする方法

  1. iTunesを起動させましょう。(ダウンロードしていない方は↓の記事を先にご覧ください。)

  2. iPhoneとPCをケーブルで接続します。
  3. このコンピュータがこのiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか?」と表示されるので「続ける」をクリック。
    ※1度でもつなげた事が有る場合は⑤までスキップ。
  4. iPhoneを操作し「信頼」を選択。
  5. バックアップ欄の「このコンピュータ」にチェックを入れて「今すぐバックアップ」をクリック。
  6. バックアップが始まるので、終わるまで待ちましょう。

iTunesのバックアップを復元する方法

    1. iTunesを起動させましょう。
    2. iPhoneとPCをケーブルで接続します。
    3. 新しいiPhoneをつなげる場合は「このコンピュータがこのiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか?」と表示されるので「続ける」をクリック。
      ※1度でもつなげた事が有る場合は⑤までスキップ。
    4. iPhoneで「信頼」を選択。
    5. バックアップ欄の「このコンピュータ」にチェックを入れて「バックアップを復元」をクリック。
    6. ○○○○のiPhoneを復元する前に”iPhoneを探す”をオフにする必要があります。」と表示された場合は、↓の記事をよんで「iPhoneを探す」をOFFにしましょう

      参考:準備中
  1. 復元したいバックアップファイル」を選択し「復元」をクリック。
  2. 復元が始まるので、終了まで待ちましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

バックアップ復元どちらも思ったより簡単だったでしょ?

iPhoneが壊れてデータが取り出せないというような状態になっても、バックアップさえしていれば安心です。

iTunes以外にもiCloudを使った方法もあるので、また紹介したいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!