auで契約したiPhoneを修理する際の注意点や手続き方法|「AppleCare+ & au端末サポート」について解説

今回は、iPhoneをauで契約した際の補償内容について解説していきます。

新品のiPhoneについてくるメーカー保証

保証期間・回数

iPhoneに限らずApple製品を購入すると、「AppleCare 」という保証がついてきます。

後述する「Applecare+ for iphone」とは違い、無料で付属するいわゆるメーカー保証です。

保証期間は1年間で、90日の電話サポートが付属します。

1年以内であれば、何度でも修理に出すことが出来ます。

補償範囲

1年以内であれば何度でも修理が出来る「AppleCare」ですが、その補償範囲には縛りがあります。

それは、通常使用の範囲内による自然故障の場合のみです。

「通常の使用範囲内」での故障とは?

通常使用の範囲内」とは、iPhoneを落としたり、水没させていない状態の事を指します。

問題なく使用しているにも関わらず、下記の様な異常が発生した場合は、自然故障として無償修理を受けることが出来ます。

・バッテリーの減りが異常に早い
・再起動を繰り返す
・操作していないのに勝手に動く
・充電ができない
・iOSアップデート後、起動しなくなった

しつこいようですが、画面が割れていたり、落とした跡や水没反応がある場合は、上記の様な症状でも無償修理を受ける事は出来ません

1度でも落としてしまうと、「通常使用の範囲内」では無くなってしまうのです。

iPhoneの付属品にも補償が適応される

iPhone購入時に付属する「ライトニングケーブル(充電ケーブル)・アダプター・イヤホン」も補償対象です。

特にライトニングケーブルは破損しやすい為、故障の際は買い替える前に、補償が適応されるか↓のページから確認すると良いでしょう。

iPhone修理サービス

ご来店前のお願い事項

①修理時、データが全て消えるので事前にiTunes・iCloudにバックアップを取りましょう。

修理内容によってはデータが消えてしまうので、事前のバックアップは必須です。

PCがあればiTunes、無ければiCloudでバックアップを行いましょう。

ただしiCloudでのバックアップはWi-Fi環境が必要になります。

PCやWi-Fi環境がないけどデータを消したくないという方は、後述する一般修理店へ持ち込めばデータを消さずに修理が可能です。

②iPhoneを探すの設定をOFFにしましょう。

iPhoneを紛失した際に使用する機能ですが、修理に出す際はこの機能をOFFにする必要があります。

設定方法は↓の記事をご覧ください。

③AppleID、パスワードを事前に確認しておきましょう。

こちらも修理時に必要になるので、事前に確認しておきましょう。

AppleIDはメールアドレスパスワードは英数字混合で大文字が最低1文字入ります。

もしも分からない場合は、契約時の書類に記載されていることが有るので確認してみましょう。

それでも分からない時は、↓のページから確認することが出来ます。

修理の大まかな流れ

・インターネットから予約

参考:Apple サポートへのお問い合わせ

・修理店舗へ持ち込む(配送修理の場合は業者が集荷に来ます。)

参考:AppleでiPhone修理の申込み方法店舗と修理まとめ
参考:iPhone修理で配送して交換してくれる「エクスプレス交換」って何?

・修理完了後、受け取り

持ち込み修理の場合は、最短1時間ほどで受け取ることが出来ます。

配送の場合は、集荷から1週間前後で返送されます。

この様に修理方法により、流れは若干変わります。

まずはインターネットから予約を行い大体の料金や修理時間を確認しましょう。

持ち込み時に持っていくもの

・破損したiPhone、(付属品に異常があれば一緒に持って行きましょう。)
・本人確認書類(免許証や保険証)
・契約者本人でない場合は委任状が必要

必要な物はそれほど多くありませんが、代理人の場合は委任状が必要になることも有るので注意が必要です。

修理代金

修理料金は、補償に加入しているかで大きく異なります

詳しくは以下の通りです。

AppleCare(メーカー保証)の場合

先述の通り、通常使用による自然故障の場合は無償で修理が可能です。

過失による破損の場合は、有償修理になります。

AppleCare+ for iPhoneの場合

過失による破損(落下や水没)でも、低価格で修理が可能になります。

Appleが認めた店舗でのみ保証を使用することが可能です。

2年間で2回のみ使用できそれ以降は、保証適応外の料金での修理になります。

AppleCare+ & au端末サポートの場合

上記の「AppleCare+ for iPhone」の保証期間をさらに2年間延長出来ます。

基本的にはAppleCare+ for iPhoneと同じ保証内容ですが、紛失時に電話一本で新品同等品が届く紛失盗難補償」が付属します。

auスマートパスプレミアム・auスマートパスに加入している場合

auスマートパスプレミアムに加入している場合、4年間で4回まで最大11,800円相当のWALLET ポイントの付与を受けることが出来ます。

auスマートパスに加入している場合、2年間で2回まで最大10,000円の修理代金サポート(現金)を受けることが出来ます。

auが独自で設定している保証サービスとは

「AppleCare+ & au端末サポート」の料金

修理料金は以下の通りです。

  • 自然故障: 0円
  • 画面の損傷: 3,400円
  • その他の損傷: 11,800円

保証加入料金は以下の通りです。

  • 料金は機種により異なります。
    iPhoneX:月々1,190円
  • iPhone6Plus~8Plus系:890円
  • iPhone6~8系:790円
  • iPhoneSE:707円

auの保証プランはお得なのか?

2年ちょうどでiPhoneを紛失した場合

「AppleCare+ for iPhone」の保証が切れた直後に紛失してしまった場合は、機種変更が手っ取り早い手段になると思います。

ですが機種変更の場合には、10万円程の端末料金がかかります。

そんな時に「AppleCare+ & au端末サポート」に加入していれば、11,800円で新品同等品を受け取る事が出来ます。

さらに先述の通り保証期間も4年に延長されるので、壊すのが心配な方は入っておいて損はない保証です。

auスマートパスの修理代金サポートはお得

こちらも先述の通り、auスマートパス・auスマートパスプレミアムに加入していれば更にお得に修理が出来ます。

少しでもお得に修理したい方は、加入を検討しても良いでしょう。

ただしauスマートパスは月額料金372円auスマートパスプレミアムは月額料金499円が掛かります。

保証サービスに加入していないなら…

一般修理店で修理する

「AppleCare+ & au端末サポート」に加入していない場合は、一般修理店(非正規店)での修理をおすすめします。

解説してきた通り、保証に加入していない状態でAppleで修理を行うと高額修理になります。

一般修理店では、保証の有無に関係なく低価格での修理が可能です。

一般修理店って大丈夫なの?」そう思われる方も少なくないと思います。

そんな方は↓の記事をご覧ください。

一般修理店(非正規店)で修理する際の注意点などをまとめています。

最新情報をチェックしよう!