iPhone修理店が近くに無い場合の対処法|表技と裏技

iPhoneの配送修理を利用する

iPhoneが破損した際、近くに修理店が無い時は、配送修理を利用しましょう。

配送修理とはその名の通り、修理店へ壊れたiPhoneを送り修理してもらう修理方法です。

先述の通り、近くに修理店が無い場合忙しく修理店へ持ち込む暇がない、そんな方にオススメです。

ただし持ち込み修理と違い、発送→修理→返送修理に時間が掛かるので注意が必要です。

Appleの配送修理をする前に保証を確認する

Appleへ配送修理を依頼する際は、保証に加入しているかを確認しましょう。

一般修理店へ配送修理を依頼する際は、送料分が修理費に上乗せされる程度ですが、Appleでは保証に加入していれば安価に、逆に未加入の場合はかなり高額になります。

↑から保証に加入しているかを確認することが出来ます。

確認の際に、対象のiPhoneのシリアル番号を求められるので、↓の記事をご覧いただき、シリアルを確認しましょう。

手続き方法は電話かインターネットとなり、料金は保証やモデルにより違う

配送修理を依頼する際は、Apple一般修理店どちらも電話かネットで申し込みます。(一般修理店の場合はLINEやメールなどにも対応している。)

Appleの場合は、こちらのページから申し込む事が出来ます。

申込時に大体の料金目安修理日数を知ることが出来ます。

iPhoneのモデル保証加入の有無により、修理料金は異なるので、しっかり確認してから修理を申し込みましょう。

一般修理店の場合は、各店舗のホームページを確認し配送修理に対応しているか確認します。

対応していれば電話メールLINEで問い合わせてみましょう。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の保証に加入している場合は、↓の記事をご覧ください。

一般修理店には出張修理もある

Appleには無いサービスとして、出張修理があります。

  • 「配送修理で時間が掛かるのが嫌だ」
  • 「配送の手続きをするのがめんどくさい」
  • 「保証に加入していない」

上記のような場合、出張修理はオススメです。

修理代金に出張費が加算されますが、指定の場所まで来てくれるのでとても便利なサービスです。

出張修理に対応していない、一般修理店もあるので各店舗に確認しましょう

幅を広げて買取も利用してみる

こちらも、一般修理店限定になりますが、壊れているiPhoneを買い取ってくれる店舗もあります。

最近は機種変更をする際、今まで使っていたiPhoneを下取りに出す事によって、新しいiPhoneを安く契約することが出来ます。

ただし、iPhoneが壊れている場合(画面割れやフレーム破損、水没等)は下取り不可となり、壊れたiPhoneが手元に残ることになります。

一般修理店では、壊れていても買い取りをしてくれるので、まずは相談してみましょう。

最新情報をチェックしよう!